ファッションとヘアスタイルの関係性について紹介します。

ファッションとヘアスタイル、一体どんな関係性があるのでしょうか。
各点をまとめてみました。

・ファッションとヘアスタイル、その関係性

ヘアスタイルも1つのファッションスタイルである、と言われるように
見映えの点ではヘアスタイルの影響も多く受けます。
それぞれ髪型の違いにより個性的な魅力を発揮したりしますが
基本的には下記の項目のようになっています。
・髪の毛を下げているか、上げているか

髪の毛を下げていると落ち着きのあるイメージに、髪の毛を上げていて額を見せていると
元気の良さが見映えに付与されます。
男性でも女性でも、両性別で共通しやすい髪型のポイントだと言えますね。
それぞれの髪型にコーデを合わせていないとチグハグな印象で浮きやすくなってしまうので
その点は注意してください。

落ち着きを感じる髪の毛を下げた髪型ならばボタンシャツ、チノパン、スラックスなど
繊細さや知的さを感じるものを選びましょう。
髪の毛を上げて額を見せている場合はデニムアイテム、Tシャツなどアクティブなイメージのアイテムで
より活発的な印象にします。

・髪型が男性的なのか、女性的なのか

これは性別と髪型が逆の場合。
男性ならば女性的な、女性ならば男性的な髪型の時のパターンです。
この場合は、お互いの性別のアイテムを扱うのではなく、男女兼用、所謂ユニセックスアイテムを
採用するのがベターです。
これならば男性の中に映る柔らかさ、女性ならではの明るさが爽やかに出しやすいです。
お洒落度をより挙げるにはある程度の季節感の先取りや流行を取り入れるのがポイント。
このケースにはパーカー、ハーフパンツ、ボーダーシャツなどがオススメです。

・髪をまとめているか、いないか

髪をまとめているか、いないかもファッションでの見映えとして意識しておきたい点。
髪をまとめていてポニーテールにしている場合は、出来るだけその髪の位置にアクセサリーやデザインを感じさせるものを
配置しないことが望ましいです。
理由はやはり髪の毛で隠れてしまうことと、髪以外の他の要素を省いたほうが美しく見える、
ということが挙げられます。

そのため、このパターンではフード付きアウターは避けておきたい所です。
髪のまとめている部分は目が向いやすい部分でもあるのでその周辺には無難なアイテムを選択し
ボディ部分にデザイン要素を多めに入れると言った、装飾でメリハリをつける方法も有効です。

・髪を染めているか、いないか

髪を染めている場合はその1色がコーデに組み込まれたと考えて良いでしょう。
基本的にはコーデに使うアイテムのカラーもその色に沿ったもの、もしくはその色を引き立たせるものが
扱いやすいです。
明るい色で染めているならメリハリをつけるために上半身には暗い色や冷たい色をチョイスしたり
その逆を行ってみたりなどの工夫ができます。もちろん、その逆も同じ様に。
髪型が目立たないのは、自身の顔が見えにくい要素にも繋がるので、しっかりファッションの輪郭を
際立たせたコーデをしましょう。
髪の毛を染めている場合には白、黒などのモノトーンカラーのアイテムがすっきりした印象にしてくれるので
機会があれば取り入れてみてください。

以上髪型とファッションの関係性として各項目毎に紹介してみました。
オススメアイテムなども解説しましたが、ほんの一例なのであくまでも参考程度にしてくださいね。
髪型を変えた際には是非これらのことを一度意識してほしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です